株主優待 ブログ

スポンサードリンク

株主優待を受けるには

株主優待

株主優待を受けるにはどうしたら良いのでしょうか?簡単に言ってしまえば、「該当企業の株を保有する事」です。

 

かと言って、株を購入したから、すぐに明日株主優待が来るわけではありません。

 

株を買った場合に自分に株主としての権利が生まれるのは、「受渡し」が済んでからなのです。

 

「受渡し」とは株の売買の手続きにかかる期間だと考えれば解り易いです。

 

通常、購入日を含めて4営業日程度です。

 

株主名簿の名簿に自分の名前が載るのにそれだけの期間がかかります。名簿に名前が載らないと株主では無いので、当然優待も受けられません。

 

これは、普通に配当を貰う時にも同じ事です。株主優待を受けるにはタイミングが重要になってきます。

 

何故かと言うと、株主優待は毎年決められた時期に発行されます。その時期は企業によって違います。

 

欲しい株主優待を見極めると同時に、「いつ発行されるのか」という事も重要になってきます。

 

キチンと調べてから株を購入しないと、損をしてしまう場合もありますので注意が必要なのです。

受けられる優待は様々

株主優待は企業によって様々です。しかも、保有株数で違いが出てきます。

 

株を購入する前に、企業側がどのような設定にしているのかも調べましょう。

 

一定数の株を保有していないと株主優待が受けられません。

 

勿論、沢山保有していればしている程、とても良い株主優待を受けられます。

 

自社製品や割引券優待券の類、招待券、商品券、など本当に様々です。

 

例えば買い物の優待券を出している企業があるとします。

 

1000株保有者は優待券10枚、2000株保有者には優待券20枚、1万株保有者だと200枚など、様々な設定がされています。

 

株主1名義に付き株主優待が貰えますので、家族でその企業の株を保有すると何倍かの株主優待を受けられます。

 

企業側の設定によっては、少しの株を分けて保有する事で、とてもお得になる場合もありますので、色々試算してみましょう。

 

まずは自分が好きな企業の株を保有する事です。

 

自分が良く通うお店の優待券や招待券、品物が送られてくる場合もありますし、もし株価が下がってしまっても、「好きな企業を支えている」という発想の転換も出来ます。

おすすめ株主優待銘柄

[3048]ビックカメラ お買い物券等
[9973]小僧寿し お買い物券等
[2353]日本駐車場開発 駐車料金割引券など
[2792]ハニーズ お買い物券等
[4842]USEN USEN申込優待券
[7622](株)さかい 店舗割引お食事券3000円〜
[7638]シーマ ジュエリー商品割引券
[2926](株)篠崎屋 保有枚数に応じたギフト券
[8263](株)ダイエー 保有枚数に応じたお買い物優待券
[7513](株)コジマ 保有枚数に応じたお買い物優待券
[4800]オリコン(株) 保有枚数に応じたオリジナル図書券
[9831](株)ヤマダ電機 保有枚数に応じた買い物割引優待

スポンサードリンク

更新履歴

inserted by FC2 system